読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brilliant Life

働く女性が気になるあれやこれを送るブログ

Display mode : PCSP

月9主題歌! back numberのクリスマスソング!&カバーが素敵すぎる

    

    出典:matome.naver.jp

 

『5→9 ~私に恋したお坊さん』の主題歌の【クリスマスソング】は今ラジオでも聞か

ない日はないすごいすごいいい曲!

正直back numberって著者は知りませんでしたが、なんてすばらしい歌詞を

書かはるんやろ!と感動しました。こんなこと言われたい!!!!そして気になるカバ

ーを見事に歌い上げている人を見つけました。泣けます(笑)

 スポンサードリンク

 


buck number クリスマスソング

とにかく聞いてみてください!イントロからいいですよね。

 

youtu.be

 

コレまた歌詞が最高なんですが、全部は こちら を見てくださいね。

 

恋しているのに、なんで恋なんかしてんだろうと言っている・・・!

会いたいと思う回数が、会えないと痛いこの胸が君の事どう思うか教えようとしてる。

いいよ そんなこと自分で分かってるよ

サンタとやらに頼んでもしかたないよなぁ 

 

著者はこのサンタとやらに頼んでもしかたないよなぁの部分がボーカルの清水 依与吏(いより)さんの声で歌うと可愛らしく聞こえてなんか切なくなる好きな部分。

 

あとは、長くなるだけからまとめるよ 君が好きだ

ってところ。こんなことストレートに言われたらどんな女子も落ちますよ(笑)

だって言って欲しいもんっっ!!!こんなこと言われたいんやもん!

素敵すぎますよね。

 

でもこれちょっと思い出したのが、斉藤和義の名曲『歌うたいのバラッド』

♪今日だってあなたを思いながら歌うたいは唄うよ。ずっと言えなかった言葉がある短いけど聞いておくれ「愛してる」

 

youtu.be

 

著者たちの世代にはもう馴染みというか、名曲中の名曲じゃないでしょうか?

斉藤和義が歌うこの歌うたいのバラッドを back numberの長くなるだけだからまとめるよ君が好きだってとこを聞いた時にふっと思い出した名曲でした(笑)

 

スポンサードリンク

 

back numberが弾き語りをしたのか!と思うほど素敵な歌声でカバーしている人はいったい誰?

 

ジャンル問わずにいいと思ったものを聞く著者ですが、ダウンロードしたりするまでに

至る曲も今はそれほどなかったんですが、この back numberのクリスマスソングにはや

られました。月9の主題歌とも知らず、ただラジオから流れているのを1回聞いたとき

にいい曲だなと思ってたんですが、すぐにダウンロードするまではなかったのです。

ただ毎日毎日車で流れるこの歌を聴いていると『やばっ!なんなんこの歌詞とか!』と

思いさっそくyou tubeに。ご本人のPVはショートバージョンだったんです

が、さすがyou tube色々カバーされていたんですね。

そして何気に押したカバー曲を歌っている人の歌声がやばいのなんの!!

なに?これ本人が歌ってはるの?(ファンに怒られますよね)でも声はやっぱり違うよ

うな・・・・。いやどっちでもええけど(あかんかw)むちゃくちゃ上手いし、しびれ

るやん!!そこからというのは、何十回?何百回聞いてます(笑)

これもとにかく聞いてください。

youtu.be

 

一般の方らしいですが、Twitterもされててファンも驚くほどいらっしゃる!というかう

ますぎで感動しました。

 

これだけ唄えたら気持ちいいんだろうな!この方

粉ミルクという名前でされているみたいです。他の歌も唄っていましたが、著者は今は

まっているという事もありクリスマスソングが一番好きなんですけどね。        
back numberの質感が似てるのかな?なんかピッタリなんですよね

 

いい歌の紹介しているのにベラベラとすみません。とにかく聞いてみてください。
そして男性は女子にこれ唄ってください。好きな人に唄ってくれたりなんかしたら本当

に最高というか惚れます(笑)

 

まとめ

2015年も後1ヶ月と2週間ほどになりましたが、ここにきて自分のヘビーローテー

ションナンバーが現れるとは!!でも歌って本当に人の気持ちを動かせるものですよ

ね。そんな歌を届けているアーティストさん達はすごいですよね。

実は、もう一曲30代女子にというか響くヘビーローテーション曲があるのですが、そ

れは次回に!

是非このback numberのクリスマスソング粉ミルクさんのクリスマスソング聞いてみ

てください

 

スポンサードリンク

 
合わせて読まれています