Brilliant Life

働く女性が気になるあれやこれを送るブログ

Display mode : PCSP

遅すぎる?!香取神宮の油まき事件の男に旅券返納命令!!!!

                                    f:id:apprecilove7:20150827164636j:plain

(www.thaich.net)

まだ記憶に新しいと思いますが、今年3月に千葉県の香取神宮に油のような液体をまき、建造物破損の疑いで千葉県警が外務省にパスポートの返納命令を出すように要請してたものが、ようやく認められたみたいですね。

なぜこんなに時間がかかるんだろうか?といつも法律にはハテナが飛びます。

たとえば、税金払え!!!みたいな通知は驚くような早さで届くのに・・・なんて思ってしまします。

この旅券返納命令とはどのようなものなのか?少し調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

 

パスポートを返さなければならない制度

今回この旅券返納命令が出されたのは、アメリカに住む日本人医師ですが、

 

千葉県の神社に油のような液体をまいた疑いで逮捕状が出ているアメリカ在住の男に対し、外務省が近くパスポートの返納命令を出す方針を固めたことが、JNNの取材で明らかになりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150827-00000024-jnn-soci

3月の事が今の時期って遅いじゃないか!!って感じですが、いったい彼は今どこにいるのでしょうか?もうとっくにアメリカなんではないか?と思いますけどね。

 

旅券返納命令とは?

そもそもこの旅券返納命令とは、昭和26年に施行された法律らしいです。

外務大臣や領事官が旅券(パスポート)を返納させる必要があると認めたとき、旅券の名義人に対し、期限を設けて旅券の返納を命ずることができる規則。申請時に虚偽の記載があったときや旅券の記載事項の訂正をした場合、旅券名義人の命や財産保護のために渡航の中止が必要な場合、旅券名義人が渡航先において日本国民の一般的な信用または利益を著しく害し帰国させる必要がある場合、2年以上の刑罰につき訴追されている場合などにおいて、旅券法(昭和26年法律第267号)第19条に基づき適用される。外務大臣や領事官は一般旅券の返納を決定したときには、名義人に対し速やかに通知する必要がある。海外にいる名義人の所在が知れないときなどには、外務大臣が官報に通知内容を掲載すれば、掲載後20日を経過した時点で、通知は名義人に到達したとみなされる規定がある。

(コトバンク)

 要は、期間中にパスポートの返納を命令することができるということ。

たとえば、偽造があったり、パスポート名義の人の命や財産保護の為に渡航を中止した方がいい場合や、渡航先で日本人として著しく信用を害する可能性がある場合に施行する制度みたいですね。

しかも、もうどこにいるか分からなくなった人についても、外務大臣が官報に通知内容を掲載すると、掲載後20日を経過した時点で、掲載された本人に通知したものとみなされるということも書かれています。

 

ということは、『届いてません。知りません。見ていません。』が通用しない制度なんですね。なんとも恐ろしい・・・

                                        f:id:apprecilove7:20150827164705j:plain

                                       (swaroshop.blog63.fc2.com)

 

頻繁にあるものなの?

これも記憶に新しいのではないかと思いますが、シリアの事件後にシリアへの渡航を計画していた男性フリーカメラマンが旅券返納命令をされたのがありましたね。

この時はえらく問題になりましたが、っこは、どちらがいいとは判断つきにくいものなのかな?と思いますが、あのシリアの残虐な事件を考えると、命の危険と国は判断したのでしょうね。

しかし、その時は返納までの時間が10分だった?と言っておられましたが、定め上期限付きとなっていますが、明確な時間や期間は書いていないので、ありえる話かもしれませんよね。

そもそも危険だから取り上げるのに、1週間後で結構です。なんて言っていたら、とっくに渡航できるやん!!って感じなので当たり前ですよね(笑)

 

今回の旅券返納命令の遅さ

 

では、なぜ今回神社に油みたいなものを巻いた、医師の旅券返納命令は遅かったのでしょうか?

犯人が分かっている、アメリカに住んでいることも知っている。でもこの事件が起きたのは3月・・・・どう考えても遅すぎだろ!ってみんな思っていると思います。

このタイミングで旅券返納命令を出してどうしたいのか?アメリカからの強制送還を狙っているのでしょうか?しかも確実に犯罪者なのに実名も公表しないのは、いったいなんの理由があるのか?

今後の展開が見ものですよね。千葉県警の対応の遅さなのか?国の対応の遅さなのか?問われそうですね。

 

まとめ

基本的に一般人の私たちはよっぽど危険な地域の旅行を計画しなければ、命令されることはなさそうですね。著者は驚くような財産もないですし(笑)

ただ国の制度というのは、なぜこんなに遅くなるのか?またなぜ日本の憲法や制度は古すぎるのか?という疑問がただただ残ってしまいますね。

スポンサードリンク