Brilliant Life

働く女性が気になるあれやこれを送るブログ

Display mode : PCSP

いちゃりばちょーでー?!台湾人と沖縄人の感動秘話!

f:id:apprecilove7:20150906211303j:plain

出典:retrip.jp

 

最近、嫌なニュースが多い中とても心温まる話Mr.サンデーで放送されてい

ました。沖縄で起こった話なんですが、沖縄というと著者も旅行で行きましたが、ラジ

オから流れる話し方に癒され、ゆったりした雰囲気がとても好きな場所の1つです。

そんな沖縄の素敵な話をご紹介したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

沖縄県への外国人観光客が増加

 

沖縄に旅行に行く外国人が最近増加しているようですね。

平成26年度は92,300人に対し今年は163,000人と70000人ほど増えていますね。

その中でも国別は台湾が1位、2位が韓国とアジア圏の人が多いのも特徴です。

近場でと考えると私たちもそうですが、韓国や台湾は距離的にも近いし行きやすい

近くの海外でもありますよね。

それと同じ感覚なのでしょうかね??

 

台湾人が経験した沖縄での感動秘話とは?

 

家族4人で沖縄旅行に来ていた台湾人家族は、後ひと泳ぎしてホテルに帰ろうかという

ところ、娘さんが『痛い~!』といきなり泣き叫びだしました。

慌ててご両親が娘さんに近づき見てみると、体中赤く腫れあがっており、訳も分からず

ビーチにある救護室に向かい、状況を説明すると

ハブクラゲに刺されたのではないか?という事をいわれたそうです。

 

f:id:apprecilove7:20150906211304j:plain

出典:agije.com

 

このハブクラゲとは

ハブクラゲ (波布水母、波布海月、Chironex yamaguchii) は沖縄や奄美に生息するクラゲである。
5月から10月にかけて発生する熱帯性の立方クラゲ。立方型の傘と、傘の四隅から7-8本ずつ伸びる触手が特徴。傘高は10-15㎝、伸縮する触手は伸びると1.5m以上になる[2]。強力な刺胞毒を持ち、触手に触れた小魚などの獲物を麻痺させて捕食する
本種は日本近海に生息するクラゲの中でも特に危険な種であり、過去に3件の死亡例がある。刺されると激痛を感じ、刺傷箇所はミミズ腫れになる。6時間ほど経つとミミズ腫れは水疱に変わり、12時間後には壊死を引き起こす。重症の場合だと、意識障害や呼吸困難、心停止に至ることもある。

(wiki)

という何とも恐ろしいクラゲ!!!!

普通にクラゲに刺されても痛いのに、このクラゲ、ひどいときには12時間後に壊死

する可能性があるという・・・。怖いですね~

 

このクラゲに刺されただろうということで、レンタカーで来ていた家族に病院の電話番

号を教え車で行くように伝えたライフセーバーだったらしいのですが、レンタカーのナビが古かったせいか、到着したのは、宜野湾市役所!!!

もちろんそんな事わからない家族は、中に入り娘の状況を説明するも中には、警備員しかいなかったんです。(18時を回っていて自動交付機は稼働していたため、玄関はあいていたそうです)

その警備員さんは英語が全く分からずあたふたしている所に、1人の男性が

『Are you OK?』と声をかけてきたんです。

台湾夫婦は娘の状況を話、泣き叫んでいる声を中の職員も聞きつけ出てきて対応をしました。救急車を呼び娘さんとお母さんは救急車に乗って病院へ行ったのですが、この時に救急隊員に言われた言葉は

『救急車の後は危ないから追ってこないでくださいね』という事。

そりゃそうなんです。当たり前なんですが、海外からきて、ナビに裏切られ市役所に案内されたお父さんからしたら『いやいやそんな事言われたってわからないし』って思うのが普通ですよね。でもナビしか頼る所がないため、電話番号を入れていると1人の男性が車の窓をトントンと叩いてきました。その男性は一番最初に対応してくれた

『Are you OK?』と声をかけてくれた人だったんです。

その人は、病院まで誘導してあげると自らの車を先頭に走らせ、台湾夫婦のお父さんと息子を病院まで連れていき、駐車場代110円を支払ってあげたそうです。

とにかく、娘の状態が心配なお父さんはすぐさま病院に入っていったのですが、その男性は、娘さんの状況が落ち着いたのを見ると、お父さんに会釈だけして帰ろうとした所台湾人のお父さんが走り書きしたメモを渡してお礼を言って別れたみたいです。

その紙には、ホテルの名前が書いてあったそうです。

しかし、助けた人は台湾人家族に会いにいく事なく、台湾人家族は旅行期間を終えて帰ったらしいのですが、どうしても伝えたいという事で旅行会社にメールを打ったそうです。そして感動した会社の人は宜野湾市役所につたえ、その人を見つけようと新聞にてこの話を掲載した所、2日後に市役所に来られたそうです。

実は、『Are you OK?』といったこの人は、ホテルに連絡をしてクラゲに刺された事、痛くなる可能性があるから対応ができるように連絡までしてくれていた本当に素晴らしく親切な人だったんです!!!

なぜそこまでしたかと尋ね、言われていたのが、『自分も同じくらいの歳の娘がいるし、なんとかしてあげないと』と自然に思ったとの事です。

同じ状況であれば、自分もしたかな?と思いますがこういうことってとっさになると自分がどこまでできるかってわからないですよね。

 

いちゃりばちょーでーとは?!

 

なぜこのような対応をされたのですか?と聞かれた時に言われていました

『いちゃりばちょーでーかな?』

 

どういうこっちゃ??と思ったのですが、意味は

 

『出会った人はみな兄弟』のような意味らしいです。

 

素晴らしい言葉ですよね!!人類みな兄弟とかいう言葉はあるものの、そんな事は微塵も感じる事が少なくなった今の世の中を見るとホントに温まりますし、実際にされている事に素敵だなと思いました。

当たり前のことやん!と思っている事をいかにできていないかと考えさせられるニュースだなと思っちゃいましたね。

f:id:apprecilove7:20150906211305j:plain

出典:www.pref.okinawa.jp

 

 

まとめ

 

大好きな沖縄の素敵な話を聞いて、是非書きたくなって書いちゃいましたが、人と人との繋がりって、対面ももちろんそうですが、すれ違う人やネットでも出会いというのは様々ですが、温かい心を持っていれば人種が違うくても通じるものなんだなと思いました。まずは自分自身がその心を常に持ち続ける事ができるようになりたいなと思います。

 

スポンサードリンク

 

合わせて読まれています